ニキビ肌におすすめのニキビ肌におすすめのBBクリーム ランキング

このページではニキビ肌におすすめのBBクリームについて詳しく書いています。

 

にきび肌でも使えるBBクリームってどんなもの?
ニキビが悪化しないか心配
人気の売れてるニキビ肌におすすめのBBクリームって何?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

 

ニキビ肌におすすめBBクリーム1位 アヤナスBBクリームの特徴

・敏感肌対応
・1本で7役
・紫外線吸収剤フリー
・無香料
・黄ぐすみオフ
・30日間返品交換OK
・SPF25 PA+++25g

価格 4,320円
評価 評価4
備考 初回特典3,800円 ローションとクリーム各1包プレゼント
ニキビ肌におすすめBBクリーム1位 アヤナスBBクリームの総評

ディセンシアは敏感肌の専門のブランドで肌に優しい成分で作られています。ニキビ肌でも安心の低刺激成分で、カバー力もあり気になるニキビ跡もしっかりカバー。

 
 

ニキビ肌におすすめBBクリーム2位 アテニアBBクリームの特徴

・読者が選ぶベストコスメ第1位
・1本で6役・選べる2色
・ツヤもカバーしならが血色感もプラス
・隠しピンク設計
・SPF30 PA+++30g
・一流ブランドの品質を1/3の価格で提供

価格 2,160円
評価 評価4.5
備考 初回特別価格2,000円 クレンズオイル アロマタイプ30ml(10日分)プレゼント
ニキビ肌におすすめBBクリーム2位 アテニアBBクリームの総評

ニキビ肌をしっかりカバーしてくれるのがアテニアBBクリーム。ニキビ跡でくすみがちなお肌も血色感を出し健康的な肌色に仕上げてくれます。

 
 

ニキビ肌におすすめBBクリーム3位 マナラリキッドbbクリームの特徴

・SPF35 PA+++
・内容量7g
・使用期間目安約3〜4ヵ月
・1か月で1万本販売実績あり
・全2色

価格 3,672円
評価 評価4.5
備考 初回特典2,937円 スポンジ&スキンケアセットプレゼント
ニキビ肌におすすめBBクリーム3位 マナラリキッドbbクリームの総評

30秒でニキビやシミなどのお肌の悩みをカバーするスティックタイプのBBクリームです。美容液や日焼け止めの効果の他にコントロールカラーやコンシーラの役割も果たすのでニキビをしっかりカバーできます。また成分も無添加で美容成分が94%も配合されているのでお肌に優しい処方です。

 
 

ニキビ肌におすすめBBクリーム 4位オルビスホワイトニングBBクリームの特徴

・美容液生まれの薬用美白BBクリーム
・美白まで出来ちゃう1本6役
・SPF40PA
・医薬部外品
・紫外線吸収剤フリー
・10時間くすまない

価格 2,700円
評価 評価3
備考
 
 

ニキビ肌におすすめBBクリーム5位 セパルフェザ・ブライトアップBBクリームの特徴

・ノンケミ処方
・パラベン、合成香料、鉱物油、紫外線吸収剤、旧表示指定成分フリー
・SP50+PA+++
・トリプルヒアルロン酸、和漢植物エキス配合

価格 2,600円
評価 評価3
備考 2本セットで4,900円送料無料
ニキビ肌におすすめBBクリーム5位 セパルフェザ・ブライトアップBBクリームの総評

肌に優しい成分でできているのに、仕上がり感はバッチリ。

 

BBクリームとは?

BBクリームの本来の用途としては、肌の赤みをカバーするクリームとして知られていましたが、最近では、日焼け止め成分も配合され、化粧下地としてだけでなく、BBクリーム1つでベースメイクが完了できる、オールインワンのベースメイククリームととして人気があります。

 

日焼け止めや化粧下地、ファンデーション、コンシーラなどのはたらきを持ち、しっかりとした固めのテクスチャーが特徴です。

 

BBクリームとは、もともとは皮膚の炎症を抑えて外部刺激から肌を守るために開発されたドイツ生まれの医療用軟膏のことです。これが整形大国といわれる韓国において、美容整形のレーザー治療やピーリングなどで刺激を受けた肌を守るために使われるようになり、現在のような使われ方をするようになりました。

 

1本で何役もこなしてくれるわりには低コストで、1,000円前後などの低価格で購入できる点も使い勝手が良く、気分や肌の状態に合わせて使用するものを変えられるところも、BBクリームの大きな魅力のひとつです。

 

朝の忙しい時間帯でも短時間でしっかりとメイクができ、BBクリーム1つで何役も果たしてくれる使い勝手こそが、多くの方に愛用されている最大のメリットだといえます。

 

 

BBクリームとCCクリームの違いは?

 

BBクリームは、先にご紹介したとおり、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの3つのはたらきがあることが特徴ですが、CCクリームは、化粧下地としてのはたらきはあるものの、コントロールカラーとしてのはたらきがあり、BBクリームのようにファンデーションとして使用することもできます。

 

ただし、CCクリームは肌の色味補正のためのクリームとして認識されており、BBクリームに含まれているような日焼け止めなどのはたらきはありません。

 

そのため、CCクリームを使用する場合には、日焼け止めクリームなどの併用が必要となり、忙しい朝の時間に使用するのは難しいという方もいるようです。

 

BBクリームとCCクリームの違いとしては、その使用感もあげられます。

 

BBクリームは重めのしっかりとしたテクスチャーで、CCクリームは伸びが良く、軽めのテクスチャーとなっています。

 

しかし、メーカーによっては、色ムラの補正機能を追加したBBクリームやUVケア成分などのBBクリームの要素が配合されたCCクリームなどを販売しているところもあるため、一概に違いというのはなくなってきているという印象です。

 

 

BBクリームの選び方のポイント

 

身体は年齢を重ねるごとに変化していきますが、お肌も同様に、年齢を重ねることによって、さまざまな変化が生じます。特に、シミやシワ、くすみ、そばかすといった肌トラブルは、多くの女性を悩ませています。

 

これらの肌トラブルやご自分の肌質に合わせてBBクリームを選ぶことが必要となりますが、そのポイントは大きく分けて3つです。

 

保湿成分が配合されているもの

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分は、年齢を問わず、多くの年代の肌に必要な成分です。この2つの成分は、肌のうるおいの保持はもちろん、ハリや弾力をとり戻す上で必要不可欠な成分となりますので、セラミドやヒアルロン酸が多く配合されているものを選びましょう。

 

しっかりとしたカバー力

 肌にしっかりと密着し、気になるシミやくすみ、シワをカバーできるようなBBクリームを選ぶことが必要です。また、カバー力だけでなく、メイク崩れしにくく、ツヤや透明感を引き出してくれるBBクリームを選べば、より若々しく美しい肌に見せることができます。

 

UV機能があるか

乾燥しがちでデリケートな肌は、UV対策をしっかりと行わなければなりません。BBクリームにはUV対策成分が配合されていますが、その中でも自分のお肌の状態に合わせた強さのUV機能がついているBBクリームを選ぶようにしましょう。また、肌の紫外線によるダメージを軽減してくれる成分が配合されているものを選んでもいいでしょう。

 

 

BBクリームの使い方、塗り方

BBクリームは、塗り方によっては顔が浮いてしまったり、モッタリとした印象を与えてしまうことがあります。BBクリームの使い方や塗り方のポイントをまとめましたので、今日から実践してみましょう。

 

BBクリームはパール粒くらいでOK!

商品によっても違いはありますが、肌にのせるBBクリームの量はパール粒ほどの大きさで充分です。BBクリームの量が少なすぎれば全体的にムラになりやすく、多すぎると油分が多くなりすぎてメイク崩れを起こしてしまうため、パール粒くらいの量を目安に使いましょう。

 

スポンジを使ってムラなく伸ばす

慣れないうちは、手の甲にBBクリームをとり、スポンジに馴染ませるようにしながら塗っていくようにするとムラなく、きれいに塗ることができます。下地のようなイメージですね。そのため、スキンケアが終わった後にBBクリームを塗り、そのあとに仕上げのパウダーをすると、よりきれいに仕上がります。塗るときには、顔の中心から外側に向かって伸ばすようにするときれいに仕上がります。

 

私が1番おすすめなのは1位のアヤナスのBBクリームです。

 

ここまで、ニキビ肌におすすめのBBクリームついてを紹介してきましたが、私が1番おすすめなのは、やっぱり1位のアヤナスのBBクリーム

 

 

何と言っても低刺激成分で作られているので今ニキビがある方にもおすすめのBBクリームです。
またカバー力もあるので、隠したいニキビ跡にも効果的です。

 

30日間の返金保証もあるので安心してお試しできますね。